ホーム > 泌尿器の病気について > 女性によくある病気

女性によくある病気

膀胱炎

膀胱にバイ菌が入って起こる病気です。
膀胱炎になったら癖になるのではと心配される方が多いのですが、そんなことはありません。
主に女性に多く、症状は排尿時に痛みや頻尿や残尿感があり濁った尿がでます。

主な治療法

主に抗生物質などの薬物によって治療します。症状が軽くなっても膀胱にバイ菌が残っている場合がありますので、処方されたお薬を飲み続けることをお勧めします。

一般的な治療方法って?・・・

ページトップへ

神経因性膀胱

膀胱にはいろいろな神経が関係しており、これらの神経がうまく働かなくなったために起こる病気で、尿が近くなったり出にくくなったりします。 脳血管障害やパーキンソン病も「神経因性膀胱」の原因となります。

主な治療法

「神経因性膀胱」は様々な原因によりおこりますので、検査の結果次第で治療方法は異なります。

一般的な治療方法って?・・・

ページトップへ

子宮脱/膀胱脱

一般的に40歳代後半以降の女性に多くみられます。
原因は子宮や膀胱を支える筋肉が緩んで起きます。
子宮脱は膣から子宮がでてくる病気で、膀胱脱は膀胱が膣と共にでてくる病気です。

主な治療法

ベッサリーというリング状のものを入れて治療します。
症状が重い場合は手術が必要となります。

一般的な治療方法って?・・・

「泌尿器の病気について」へ

ページトップへ