ホーム > 泌尿器の病気について > 小児によくある病気

小児によくある病気

陰嚢水腫

陰のう(袋の部分)に水が溜まっている状態で、主に新生児にみられます。
鼠径ヘルニアを合併していることもあります。

主な治療法

一般的に1〜2歳までには自然に溜まった水がなくなるのですが、水がなくならない場合は手術が必要です。

一般的な治療方法って?・・・

ページトップへ

亀頭包皮炎

主に包茎の方に多くみられ、亀頭と包皮の間にバイ菌が繁殖しておこる病気です。
亀頭が赤く腫れ、膿が出たり排尿痛があります。

主な治療法

主に抗生物質などの薬物によって治療します。 入浴時に亀頭部分をきれいに洗い、アカのようなものを取り除くことを心がけてください。

一般的な治療方法って?・・・

ページトップへ

包茎

勃起してもペニスの皮がかぶっているものが包茎で、その中でペニスの皮の先が細くて皮がむけないものを真性包茎といいます。
特に、真性包茎の方は亀頭包皮炎を起こす原因になります。

主な治療法

いわゆる仮性包茎ですと清潔に保てば問題はありませんが、真性包茎は手術が必要です。

一般的な治療方法って?・・・

「泌尿器の病気について」へ

ページトップへ